2010年01月29日

自民、外国人参政権など地方議会で反対指示へ(産経新聞)

 自民党の石破茂政調会長は27日午前の記者会見で、民主党が推進している永住外国人の地方参政権(選挙権)の付与について、地方議会で反対意見書の採択を働きかけるよう、都道府県連に指示する方針を明らかにした。子ども手当の財源の地方負担、日教組問題などについても採択を促す。

 近く緊急の全国政調会長会議を開き、意見書の型式などを通知する。民主党が「地域主権」を掲げていることを逆手に取り、自民党系議員が多数を占める地方議会で「地方の声」を形成する狙いがある。

【関連記事】
外国人参政権「断固反対」 石破氏が表明 自民党大会
外国人参政権 首都圏の知事、相次ぎ「反対」
外国人参政権は国民新党と調整 官房長官
外国人参政権 付与許容説の学者が誤り認める 反対集会で日大教授が明かす 
外国人参政権反対集会 地方議員1万人の署名目指す

都予算原案 石原知事会見「知恵を絞り汗かいた」(産経新聞)
教え子暴行、元スケートコーチに懲役7年判決(読売新聞)
<足利事件再審>菅家さんテープ 否認後再び「自白」、号泣(毎日新聞)
参院選後に中央省庁再編、首相が表明(読売新聞)
<不法入国容疑>指紋テープで審査パス 韓国の女2人逮捕(毎日新聞)
posted by アリタ ヒデコ at 08:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。