2010年04月23日

JR福知山線脱線事故 前社長認否まで進まず 第2回公判前整理手続き(産経新聞)

 JR福知山線脱線事故で、業務上過失致死傷罪で起訴されたJR西日本前社長、山崎正夫被告(66)の第2回公判前整理手続きが22日、神戸地裁(岡田信裁判長)で非公開で行われた。関係者によると、起訴状の認否までは進まなかったとみられる。

 今年3月に第1回公判前整理が行われ、地検は証明予定事実を提出。これまでに弁護側と検察の間で、起訴状についての説明を求める「求釈明」や、回答が数回されている。

【関連記事】
JR脱線、立証へ高いハードル 「市民感覚」過剰制裁の危険性も
JR福知山線・神戸線で信号故障、20万人超す影響
地検の前社長起訴を鉄道事業者はどう考えたか JR福知山線脱線事故
ATS整備状況は? JR福知山線脱線事故
加害企業と遺族との関係 JR福知山線脱線事故
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

公務員ボーナス、2年連続下げか=来月から民間給与調査−人事院(時事通信)
JASマークを無断使用=「深大寺そば」の製粉会社−容疑で社長ら書類送検・警視庁(時事通信)
竹林の男性遺体、事件とみて捜査=死後2〜3年、40歳前後か−神奈川県警(時事通信)
東北新幹線八戸−新青森駅間で試験走行始まる(産経新聞)
恒久的市民税減税 議会に条例改正案 河村名古屋市長(産経新聞)
posted by アリタ ヒデコ at 21:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。